名入れのオリジナルのエコバッグで企業のイメージもアップ!

エコバッグ1

企業にとって自社の製品やサービスの宣伝となるノベルティには、カレンダーやうちわ、クリアファイルなど様々な種類がありますよね。中でも、ボールペンやメモ帳など実用性のある文具は人気のジャンルです。また、ノベルティはターゲットによって制作するものを決定しますが、環境保護が叫ばれる昨今ではエコバッグを作ってみるのも良いかもしれません。

レジ袋の代わりにエコバッグを!

エコバッグ4

近年はプラスチックごみの影響で環境汚染が広がり、世界的な問題としてニュースなどでも取り上げられることが多いですよね。その原因の一つに挙げられるレジ袋は、日本でも消費量が高くレジ袋の有料化が現実になるのも時間の問題です。

レジ袋廃止の声も囁かれますが、お買い物をする時は非常に便利なものがレジ袋、多少の費用がかかっても利用したい方もいるのではないでしょうか。ですが、そんな時に役立つのがエコバッグです。エコバッグはレジ袋の代わりとなり、紙袋のように破れる心配も無くいつものお買い物で環境保護活動を行うことにも繋がります。

また、レジ袋は不要になるとゴミになり、これが環境汚染の原因ともなるものですが、エコバッグなら何度でも利用することが可能ですのでゴミが増えることもありません。最近では大きさやデザインなども色々揃っていて、街中では自分のエコバッグを使っている方もたくさん見かけますよね。

さらに、エコバッグはお店に行くときはたたんで小さくできるので、荷物にもならない便利なアイテムと言えます。

環境を意識している企業をアピール

では、企業がノベルティとしてエコバッグを制作するメリットには何があるでしょうか。まず一つ挙げられるのは環境保護を意識している企業、ということをアピールできるという点があります。ただ宣伝のためだけでは商売っ気が丸出しになってしまいますが、環境や人権を守るというイメージは好印象にも繋がり、企業に対する好感度も上がります。

また、ノベルティは実用性のあるものが好まれますが、エコバッグは日々のお買い物やちょっとした荷物を運ぶ際にも利用できるので、その実用性は高いです。

他にも、エコバッグは老若男女問わずに使うことが可能、その便利さは子供でも扱えるという優れもので、子供にとっては日常生活の中で環境に関する学びを得ることもできます。

また、コンパクトにたたんでも軽いというメリットもあるため、高齢者の方も気軽に持ち運べます。さらに、色やデザインなどを無難なものにすると若者や主婦層、などのターゲットも絞る必要がありません。

どうやって作るのか

では、企業のエコバッグを作るにはどうすれば良いのでしょうか。答えは簡単、エコバッグを制作している会社に依頼をすれば注文通りのエコバッグを作ってもらえます。エコバッグを提供している会社は、既製品からオリジナルまで豊富なサービスが展開されていますので、希望するデザインや名入れなど自由に作ることが可能です。

また、ポリエステルだけではなく、デニムやコットンなど多彩な素材が用意されていて、ロゴのデザインなどの相談も受け付けている会社も存在しますので、自社内でデザインが決定しない場合などに利用してみても良いでしょう。

デザイナーとして活躍するスタッフが、希望に沿ったアイデアを提案してくれます。なお、会社によっては各種サービスも費用も異なりますので、何軒かの会社のサービスを比較検討することをおすすめします。例えばデザイン性を誇る会社もあれば、格安の費用、納品の早さなどを強みとする会社もあります。

ノベルティを提供するイベントの予定日などを考慮して、コスパやデザインなど自分達がこだわりたい部分を実現してくれる会社を選んで依頼をしましょう。

オリジナルエコバッグの作り方とサンプルの有用性

企業の名前が記憶に残る!

そしてもう一つ、ノベルティにエコバッグを採用するメリットには、ノベルティが本来持つ機能である企業の宣伝効果を発揮できることが挙げられます。エコバッグは主にお買い物の時のレジ袋の代わりとして使われますが、日々のお買い物で使用した場合、毎日エコバッグを使用する本人や近所の方、お店の方やお客さんなどの周りの人たちが目にすることになります。

それが目を引くおしゃれなもの、かわいいものや珍しい素材であったら人の記憶にも残りやすいですよね。ですので、エコバッグを作る際の企業の名入れは必須、もしもどこで買ったエコバッグか、などの話題になれば企業の名前も自ずと口に出すこととなります。

エコバッグは自転車のカゴに入れたり、持ち歩いているだけで企業の宣伝をすることができます。

ボールペンやメモ帳は、日常使いには便利ですが家の中だけで使用することも多く、使い切ってしまえばゴミ箱に捨てることになります。それはノベルティでは人気のカレンダーでも同じことで、一年経てばもう企業の名前を見ることはありません。

ですが、エコバッグは破損することが無い限り使い続けることが可能です。その分、企業のイメージや記憶も残り続けます。それを考えると、破れにくい素材を使って製作するのも良いかもしれません。

環境保護に関わることができる

グローバル化が進んだ現代は、環境問題は今やどこかの国で起こっている事象ではなく、世界中で共有し、立ち向かわなければならない問題ですよね。それは企業としても何らかの形で参加せざるを得ず、関わらないわけにはいかない状況でもあります。

ですが、企業によっては参加をしたくても難しい場合もあり、経営上の理由などで環境保護に付与することができない会社も存在するのではないでしょうか。しかし、一つのアイデアとしてでも、環境に考慮したノベルティの制作はそれ自体が環境保護に関与することになります。

もしも、自分達が提供したエコバッグがきっかけとなり、レジ袋の使用を控えたりやめたりする人がいれば、どんな気持ちになるでしょうか。しかもその宣伝効果は高く、企業の収益にも繋がる可能性があります。エコバッグはノベルティで環境保護に貢献することができるだけではない、様々なメリットを得ることができるのです。

仕事を通して環境を守る!

エコバッグ3

ノベルティは企業が提供する、宣伝を兼ねたサービスですが、エコバッグは実用性もあり環境保護にも役立つ優れたアイテムです。また、使用することによって企業をアピールすることもでき、丈夫な素材で作れば長持ちもして、その分宣伝効果も長期間続きます。

仕事を通して環境に配慮したい企業の方は、ノベルティにエコバッグを採用してみてはいかがでしょうか。

参照⇒MUAプロモーション|オリジナル エコバッグhttps://bag-factory.online/